ビタミンCの美白効果

ビタミンCは多くの美白化粧品に配合されている美容成分です。ビタミンCにはいったいどのような美白効果があるのでしょうか?

ビタミンCは厚生労働省に効果が認められた美白有効成分です。

ビタミンCが持つ美白効果は実はとても多いんです。その効果は3つあります。

  • メラニン色素の生成を抑制
  • メラニン色素の排出を促進
  • メラニン色素を還元して白くする

メラニン色素の生成を抑制

活性酸素

まず一つ目はメラニン色素の生成を抑制するという作用です。

つまり、シミをできにくくするという予防的な美白効果があります。

肌に紫外線や外部刺激が当たると活性酸素が発生し肌機能が低下します。

活性酸素はシワなどエイジングの原因となるだけでなく、皮膚ガンなど病気の原因にもあります。

これを防ぐために肌内部でメラニン色素が生成されるのです。

ビタミンCは活性酸素を除去する働きがあるので、メラニン色素の生成を抑える効果を持っています。

メラニン色素の排出を促進

ターンオーバー

年齢が上がるにつれてシミができやすくなってきます。

これは肌のターンオーバーが落ちてくるためです。

若い頃にはターンオーバーが活発なので、メラニン色素が生成されてもすぐに肌の外に排出され、シミになりにくいのです。

ビタミンCは肌のターンオーバーを促進する働きがあります。

ターンオーバーを正常にすることで、メラニン色素が生成されてもシミになる前に肌の外に排出されます。

メラニン色素を還元して白くする

実はビタミンCには、出来てしまったシミを薄くするいう美白効果もあります。

通常では消すことのできないメラニン色素を還元する働きがあるからです。

メラニン色素は、必須アミノ酸の1つであるチロシンとチロシナーゼが結合することで作られます。

還元するというのは、黒いメラニン色素を白いチロシンの状態に戻す働きのことです。

イメージとしては、ストレートティーにレモンを絞ると少し紅茶の色合いが薄くなるというものです。紅茶の中に含まれている色素がレモンのビタミンCによって還元されるために色が薄くなるのと同じ要領になります。

メラニン色素対策でビタミンCの美白化粧品を選ぶ

メラニン色素対策としてビタミンCが有効であることは分かりました。

では、ビタミンCの配合された美白化粧品ならどんなものでも良いのでしょうか?

ビタミンCは肌に浸透しにくい

実はビタミンCは水溶性なので肌に浸透しにくい性質があります。

人の肌は皮脂(油)で覆われているので、水溶性のビタミンCは浸透しにくいのです。

いくら美白に良い効果があったとしても肌に浸透しないのでは、あまり意味がないですよね。

ビタミンC誘導体とは?

多くの美白化粧品ではビタミンCを浸透させるために、ビタミンC誘導体として配合しています。

ビタミンC誘導体にすることで肌の角質層まで浸透し、その後でビタミンCの状態に戻ります。

しかし、ビタミンCを誘導体にすることで本来ビタミンCが持っている効果が半減してしまうデメリットがあります。

ピュアなビタミンCを浸透させる化粧品

そこで注目されているのが、ビーグレンという化粧品です。

ビーグレンの最大の特徴は世界特許になっている浸透技術のQuSomeです。

医療の分野でも用いられているドラッグデリバリーシステムという技術を応用したものです。

その世界的な権威であるブライアン・ケラー博士が、最高研究開発責任者としてQuSomeを開発しました。

ビタミンCをQuSome化することで、ピュアなビタミンCのまま肌の奥まで浸透させることが可能となっています。

そのため、ビタミンCが持つ本来の力を実感することができます。



ビーグレンのホワイトケア プログラムとは?

ビーグレンにはシワやニキビ、小顔ケアなど様々なラインナップがあります。

そのなかで美白ケアを目的としているのがホワイトケア プログラムです。

ビタミンCとハイドロキノンで悩み解消

紫外線や日焼けなどでシミが出来ないように防ぐのがビタミンCなどの美白有効成分です。

ではすでに出来てしまったシミをケアするにはどうしたら良いでしょうか?

すでにあるシミに良い成分として最も有名なのはハイドロキノンです。

ハイドロキノンはメラニン色素を漂白する作用があります。

厚生労働省が認可している美白有効成分は、紫外線によりシミができるのを防ぐというものです。

それに対し、ハイドロキノンはすでにあるシミを漂白することで白くします。

元々ハイドロキノンは皮膚科などでシミの治療に用いられていましたが、法律が変わり化粧品に配合されるようになりました。

化粧品に配合されているハイドロキノンは、皮膚科などで用いられるものよりも濃度が低く安全に作られています。

ビーグレンは、ビタミンCとハイドロキノンのダブルの効果で美白肌を目指します。

ハイドロキノンは肌に浸透しにくい

ハイドロキノンもビタミンCと同じく水溶性なので肌に浸透しにくいです。

しかしビーグレンならハイドロキノンをQuSome化することで、肌の奥まで浸透させることができます。

また、シミの元に直接届けることができるため、濃度が低くおさえられていても高い効果が期待できます。

365日の返金保証付きで試せる

ビーグレンのホワイトケア プログラムには1,800円のトライアルセット(送料無料、後払い・代引き手数料無料)が用意されています。

トライアルセットは365日の返金保証がついているので、使ってみて自分に合わないと思ったときでも返金してもらえるのでリスクゼロで試せます。

勧誘の電話もないので安心です。

トライアルセットは公式サイト限定となっています。

公式サイトで会員になっておくと、年に何度かあるセールのときに本商品を安く買うことができます。

セールのときは毎回ではありませんが、そのときしか買えない限定商品やプレゼントなどもあります。

私の友人でもセールのときに限定品をまとめ買いする人が何人かいます。



メラニン色素の生成を防ぐには

シミの原因となってしまうメラニン色素の生成を抑制するためにはどうしたらいいのでしょうか?

まず一つはお肌に刺激を与えないというものです。 メラニン色素がどうして生成されるのかというと、実はお肌に刺激が与えられることでお肌を刺激から守るために身体の中の防衛機能の一つとしてメラニン色素が生成されます。

刺激というのは紫外線であったり、お肌をこするといったことであったり、あわないスキンケアやコスメをつかってしまったりすることになります。 日ごろから紫外線対策を行い、紫外線からお肌を守ることや、洗顔の時にこすり洗いをしない、タオルドライをする時にもこすらないこと、そして自分にあったスキンケアアイテムやコスメを使いお肌に刺激を与えないことが大切になってきます。

また、ビタミンCをしっかりと摂取することもメラニン色素の生成を抑制することにつながります。 ビタミンCにはメラニン色素の生成を抑制する効果をもつ栄養素です。 出来てしまったメラニン色素を還元することもビタミンCの作用としてありますので、積極的にビタミンCを摂取することは、メラニン色素の生成を抑制し、できてしまったメラニン色素を還元することにつながります。 シミを消すおすすめの方法はこちら

美白に良いサプリメントもあります

美白というと基本的にはスキンケアアイテムやコスメアイテムによってお肌に塗って行うものというイメージがありますが、実は美白に効果的なサプリメントというものもあるんです。 身体の中からアプローチする美白とは、どのようなものなのでしょうか? ポイントは抗酸化力とビタミンCです。

メラニン色素が生成するのを抑制するためには抗酸化力というものがとても大切になってきます。 お肌が刺激などを感じると、活性酸素という物質はが発生し、この活性酸素からお肌を守るためにメラニン色素が生成されます。 ですが、抗酸化力を持つ成分を摂取することで、活性酸素の発生を抑えることが出来るため、メラニン色素の生成を阻害することが出来るということになります。

抗酸化力が強い成分として植物の色素であるポリフェノールや、栄養成分としても知られているβ―カロテン、ビタミンE、ミネラル分などがあります。 ビタミンCも抗酸化力をもつ栄養素ですが、ビタミンC自体がメラニン色素の生成を抑制する作用があり、さらにメラニン色素を還元する作用も持つため、美白効果が高い成分となっています。 これらの成分が含まれたサプリメントは、美白効果を期待することが出来ます。 人気のおすすめ美白化粧品

更新履歴